印刷版   

前EU議会緑党党首の1人でイタリアのモニカ・フラソニ議員、後ろは同じく緑党のダニエル・ション・ベンディット独議員。同党は胡佳氏を受賞者として強く推薦した(APF)

サハロフ賞受賞式、胡佳氏の妻の勇気あるビデオに感動の涙

 【大紀元日本12月23日】仏ストラスブールのEU議会ビルで12月17日、サハロフ賞受賞式が行なわれた。会場の至るところに受賞した中国人・胡佳氏の写真が飾られ、欧州の各種言語と中国語のパネルが目立った。議会議長や各国議員全員が中国語の「自由」の文字を刻んだバッチを胸につけた。

 今回の授賞式司会を務めたべテリング議長の左側に、旧ソ連物理学者・サハロフ氏の妻リンナ・バーナさんが着席し、空席になっている右側に胡佳氏が座ることになっていた。胡佳氏は北京五輪前に中国人権を批判したことから、昨年12月に当局に逮捕され、今年9月に北京当局に「国家転覆罪」で3年6月の刑に処された。胡佳氏の妻と1歳の娘は自宅に軟禁されている。

 EU議会は20年前、平和・進歩・人権に対して貢献をした団体や個人を擁護・激励することを目的に、旧ソ連の人権活動家サハロフ氏に因み、サハロフ人権賞を創設した。ぺテリング議長は、胡佳氏が昨年11月に電話会議を通じて、EU議会人権委員会で中国の人権状況を紹介したことを含めて賞賛した。議長は、胡佳氏は中国当局に発言を禁止された者の代表として受賞されたと示し、必ず自由の身になって欧州を訪ねることであろうと強調した。

 困難な現実、未来への希望

 (胡佳氏の妻・曾金燕さんビデオ)

http://www.youmaker.com/

 会場で十数分間にわたり胡佳氏の妻・曾金燕さんが、少し前に自宅で撮ったビデオが流された。曾さんは11月21日に胡佳氏に会ったのが最後だったとし、胡佳氏は事前に国安より受賞されたことを知らされたが、受賞について触れてはならないと注意されたことを明らかにした。また、胡佳氏は受賞に対して、EU議会はエイズと環境保護の領域での活動を表彰したと思うが、自身は人権における努力はまだ不足していると強調した。胡佳氏は、サハロフ賞は中国にとって非常に重要であるとし、現在自分が行っていることは将来必ず証明されると自信を示した。

 また、胡佳氏は自分が中国最後の良心の囚人であることを望んでいる。しかし、自分の逮捕後、黄琪氏、曽宏玲氏、陳道軍氏らも言論発表で拘束された。曽さんは、この厳しい状況下、胡佳と同様に圧力に屈さず真実を語り続ける人がいるが、そうした人々は大きな代償を払うことになると語った。

 曽さんはさらに自分たちと同じ道を辿る陳光誠夫妻・郭飛雄夫妻に言及し、胡佳氏は過去では何度も提案した人権活動家の家族を応援するホームページを設立することに決めたとし、サハロフ賞の賞金5万ユーロ(約630万円)を設立資金に充当する考えを示した。

 曽さんは胡佳氏が2004年までに主にエイズと環境保護の活動を行なっていたことを紹介した。曽さんは、胡佳氏が軟禁されてからネット上で中国の真相を語る文章を発表し続けたことが胡佳にとって最大の貢献であると示した。何故なら、今の中国では教科書からメディアの報道まで虚偽を宣伝しているからだ。しかし、その代わりに、胡佳のような真理を追究する人々がいるから、まだ希望を持つことができることを示した。

 曽さんは、「政府がやるかやらないか、認めるか認めないかは関係なく、中国はより開放的かつ民主的な社会に進行しているのだ。われわれは、完全に開放し平和な国になることを強く信じている」と語った。

 曽さんは人々の支援がなければ夫妻2人はこの現実社会に直面する勇気もないとし、何度もEU議会および国際社会の人々の支援に感謝の意を示した。

 心の奥底からの言葉に感動

 曽さんのビデオが終わった後、会場は沈黙がしばらく続いた。議員と会場スタッフの目に涙が浮かんでいるのが分かる。議長は、「EU議会は中国との関係を重視している。欧州が中国を必要としているし、中国も欧州が必要である。EU議会は人権問題で中国民衆の友人になりたいし、この問題に沈黙してはいけない」と強調した。

 議長は、胡佳夫妻を真相・自由のために声を出し続けたサハロフ夫妻にたとえ、曽さんが真相ビデオを伝えたことを「無私の行動」だと称えた。サハロフ氏の妻リンナ・バーナさんは曽さんの勇気を賞賛した。最後に、会場全員が総立ちし、拍手はしばらく止まなかった。

 先月EU連合代表団と共に訪中し、曽さんを訪ねようとしたが警察に阻止されたハジャ・トリプ独議員はビデオを見終わってから、涙が止まらなかった。トリプ議員は中国民衆が自由を獲得できるよう尽力したいと示した。

 今回の受賞式に招かれた過去の受賞者の中、1996年に受賞した中国人として最初の受賞者・魏京生氏も出席した。
EU議会ビル内でサハロフ賞受賞者・胡佳氏の巨大なパネルが掲げられている(大紀元)


 
(記者・周仁、翻訳編集・余靜)


 (08/12/23 12:07)  





■関連文章
  • 土地収用補償問題、農民千人連日抗議=上海(08/12/20)
  • 【ことばの豆知識】お金を「無心」する(08/12/20)
  • 中国:海外ウェブサイト封鎖、さらに強化(08/12/19)
  • 「神韻」の魅力を探る(その一)(08/12/16)
  • 北京外交部に100人直訴者が陳情、国際メディア注目(08/12/14)
  • 「南方報業」グループ記者ら、密かに粛清対象(08/12/14)
  • 村選挙候補賄賂疑惑、村民千人抗議(08/12/14)
  • ドイツ在住中国人学者、中国知識人について語る(その二)(08/12/13)
  • EUに新変化、中国人権への支持強化(08/12/12)
  • 中国に法輪功への迫害制止を要求、18カ国政治要人国連宛に書簡(08/12/11)
  • 中国メラミン事件再発:EU、乳製品輸入・全面禁止(08/12/10)
  • 国際社会による救援、卜東偉氏が娘と共に米国到着(08/12/09)
  • 全世界中国料理コンテスト、入賞者・伊賀稔さんに聞く(08/12/07)
  • 人民元為替大幅の下げ、中国経済予想より深刻(08/12/06)
  • 中国:エイズ感染者が26万人超へ(08/12/04)