THE EPOCH TIMES

科学研究者夫妻、神韻出演者の心の純潔さを感じる

2009年02月12日 15時50分
 【大紀元日本2月12日】林業研究に従事する堀さん夫妻は2月11日に神韻芸術団東京公演を鑑賞後のインタビューで、堀さんは「こんなに感動的な公演は見たことがない。席に座っているがダンサーたちと一緒に踊りたくなる」と感動を語った。一方で、夫人は「神韻芸術団が表現したいものが本当に感じ取ることができた。それが利己的にならないことと私欲を断ち切り、常に他人のことを思いやることだ」と語り、演出者たちのこころの純潔さと素晴らしさが感じると称えた。

 林業科学研究に従事する堀さんは「今世界中にいろんな情報が飛び交っており、真実の姿を見つけるのに難しい。科学研究もある意味では真実の姿を追及することが目的であり、今回の公演内容との共通点だと言えよう」と語った。

 公演の中で中国の伝統的物語について、堀さんは「非常の分かり易い、そのままである。舞踊の表現も非常に理解しやすく、私のような舞踊の音痴でも演出者たちが表したい感情が分かる。彼らは喜んでいるのか悲しんでいるのかは分かるのだ」と語った。

 一方、人間の情緒と遺伝子との関係を研究する堀さんの夫人は、「演出者たちの心の純潔さと素晴らしさが強く感じ取ることができた。この素晴らしさを表現するために、身体の訓練のほかに、きっとこころの訓練も行っている。彼らが表したい内容は本当に感じ取れる。頑張ってほしい」と称賛した。

 堀さんは、「神韻芸術団も自分の故郷・福岡で公演をしてほしい。今年は行けないのはとても残念だ」と語った。

※神韻国際芸術団は、昨日の東京公演に続いて18日まで、名古屋、広島、大阪で公演を行う。詳しくは日本公演公式HPをご覧ください。

 
(記者・張本真、翻訳編集・余靜)


関連キーワード

関連特集

^