印刷版   

研究者らは、新型インフルエンザのさらなる拡大を懸念している(Getty Images)

米国研究チーム:新型インフル、スペイン風邪のウイルスに酷似

 【大紀元日本7月18日】米研究チームは7月13日、新型インフルエンザH1N1型ウイルスが1918年に「パンデミック」を引き起こしたウイルスに酷似していると発表した。この新型ウイルスは一般のインフルエンザウイルスに比べて肺炎を引き起こし易いという。さらに同チームは、1918年の「パンデミック」からの生存者は、新型インフルエンザウイルスに対して特殊な抗体を持っていると報告した。

 ロイター13日付の報道によると、米ウィスコンシン州大学研究チームを率いる河岡義裕氏は、動物実験を行い、新型インフルエンザウイルスは季節性と違って肺で増殖しやすいことが分かったという。これにより、新型インフルエンザは肺炎を起こしやすく、1918年に大流行し4千万人以上の死者を出した「スペインかぜ」に酷似しているという。

 河岡氏は1999年、カリフォルニア州、ウィスコンシン州、オランダ、日本からそれぞれ複数の血液サンプルを入手し、検査した結果1920年以前に生まれた人は新型H1N1型ウイルスに対して強い抗体を持っていることが分かったという。同氏は、彼らの体が以前に感染したウイルスを記憶していると考えている。

 21世紀で初めて世界的大流行となった新型H1N1ウイルスは、百万人近い人々が感染し、少なくとも500人が死亡した。河岡氏は「人々はこのウイルスに対して誤解している。このウイルスは一般の季節性インフルエンザのウイルスと異なる」とし、警戒する必要があると主張している。

 
(記者・顧佳韻、翻訳編集・余靜)


 (09/07/18 11:28)  





■関連文章
  • 新型インフルエンザ、北京市の小学校で集団感染(09/07/03)
  • 米国メーカー、新型インフルエンザのワクチン開発に成功(09/06/27)
  • 香港:新型インフル、新たに12人感染(09/06/13)
  • WHO:新型インフル、世界大流行宣言(09/06/12)
  • 新型インフルエンザ、警戒度を6に引き上げ=WHO(09/06/12)
  • WHO:日本人女性が世界最長寿、最短命はシエラレオネ(09/06/02)
  • 新型インフル対策:薬剤「タミフル」について、正しい認識を(09/05/23)
  • 野鳥121羽が鳥インフルで死亡=青海省(09/05/20)
  • 一万人以上が手足口病に感染=広東省(09/05/18)
  • 北京で初の新型インフル感染者確認(09/05/18)
  • 新型インフル世界的流行の可能性=サイエンス誌(09/05/17)
  • WHO、新型インフルエンザ、パンデミックと言える段階ではない(09/05/14)
  • 感染中国人と同乗、「濃厚接触者」10人に異常なし(09/05/13)
  • 新型インフル:中国人感染者、日本経由で北京へ(09/05/12)
  • 河南省と山東省で手足口病が流行、死者61人に(09/05/08)