印刷版   

中国甘粛省、青海省近年の肺ペスト感染死の分布図

肺ペスト感染、新たに1人が死亡=中国青海省

 【大紀元日本8月6日】青海省海南チベット自治州で発生している肺ペストの感染で、8月3日、新たに1人(64歳)が死亡した。同地区で発生した肺ペストによる死者は、3人目になる。

 青海省衛生庁が3日夜に発表した情報によると、9人の肺ペスト感染生存者の内、1人が危篤状態に陥っており、もう1人は発熱、咳の症状があり、胸の痛みを訴えているという。そのほかの感染者は今のところ、病状は安定している。

 感染地域の興海県子科灘鎮は現在も封鎖されており、当局は町全体への消毒やネズミ退治を行っている。また、感染が確認された患者や、彼らと接触した人たちは、現在指定の病院に隔離され、治療を受けている。

 ペストは、ネズミに寄生するノミが媒介して伝染するが、人間の唾液による感染もあるという。今回の感染ルートはまだ確認されていない。

 青海省におけるペスト感染は、2001年に発生して以降今回が3回目。2001年5月、海南チベット自治州徳県河北郷賽羊村で、死んだ狐の皮を剥がした村人が、ノミに刺されてペストに感染した。また、2004年10月、海西モンゴル族・チベット族自治州烏蘭県で、タルバガン(ネズミ目に属する動物で、別名モンゴルマーモット)を調理した中年男性がペストに感染している。

(余靜)

 (09/08/06 01:48)  





■関連文章
  • 肺ペスト発生死者2人、感染地域閉鎖=中国青海省(09/08/03)
  • 健康を脅かす生活習慣(09/08/01)
  • チベット人にダライ・ラマ肖像の配布を指令、意図不明=中国(09/07/28)
  • 新型インフル、英国の死者6万5千人を予測(09/07/26)
  • 化学工場の違法操業、地下水汚染で住民に中毒症状=浙江省(09/07/23)
  • 米国研究チーム:新型インフル、スペイン風邪のウイルスに酷似(09/07/18)
  • 寺院・緑地の強制収用、チベット人1万人が抗議(09/07/12)
  • 「ハリー・ポッター」第6部の英国プレミア試写会、3500人のファンが集まる(09/07/10)
  • 新型インフルエンザ、北京市の小学校で集団感染(09/07/03)
  • 中国:7月1日より検閲ソフトインストール義務付け(09/06/10)
  • ダライ・ラマ、パリ名誉市民授与 中国当局強く反発(09/06/09)
  • 野鳥121羽が鳥インフルで死亡=青海省(09/05/20)
  • 一万人以上が手足口病に感染=広東省(09/05/18)
  • 北京で初の新型インフル感染者確認(09/05/18)
  • 殉教のチベット僧へ送る光=カトマンズ(09/05/15)