印刷版   

韓国の双龍(サンヨン)自動車(AFP)

韓国科学技術の漏えい事件が増加、大部分が中国に流出

 【大紀元日本10月7日】韓国知識経済部および産業技術保護協会は2日、韓国の核心技術が海外に流出し、その大部分が中国に流れていると発表した。韓国経済にもたらした経済的損失は、計り知れないという。

 報告によると、韓国国家情報院が確認した核心技術の流出事件は、2004年に26件、2008年には42件に増加したという。そのうち、外国へ流出した事件の半分以上は中国と関係している。

自動車製造技術の流出

 2008年7月4日、韓国検察は、双龍(サンヨン)自動車が中国企業にハイブリッドカーの設計情報を渡したとして、同社本部および総合技術研究所の関連資料を取り押さえた。

 また、2008年12月、韓国検察は現代(ヒュンダイ)自動車の変速器技術を中国に漏らしたとして、同社職員2人を起訴している。

造船業界の懸念

 世界最大の造船国である韓国の造船技術が、中国へ流出していることも懸念されている。2007年7月、韓国検察は、超大型原油輸送船などの構造図を中国造船企業へ渡そうとした、韓国造船企業の前技術グループ長を起訴している。

 また、2008年7月、韓国警察は、韓国「三星(サムソン)重工」から原油ボーリング船の核心技術を持ち出そうとした中国船舶検査員を拘束した。韓国メディアによると、この核心技術は韓国政府が指定した造船業界における7つの国家核心技術で、同社が10年を費やし、数百億ウォン(約数十億円)を投入して開発された最高機密であるという。

 さらに、韓国メディアによると、「三星重工」および「現代重工」に勤務する中国人2人が、両社の重量級大型コンテナ船のアセンブリ詳細図と、液化汽船設計図を持ち出したという。韓国造船業界の関係者によると、この技術を漏洩すると、今後5年間で韓国に320万億ウォン(約41億円)の損失をもたらすという。

刑罰が軽すぎ、犯罪を促す

 専門家は、科学技術の漏えい罪に対する懲罰が軽微なため、犯罪の増加を促したとし、懲罰を強化すべきだと主張している。2003年~2007年、起訴された79人のうち、1審判決で刑罰を受けたのはわずか16人で、平均刑期は25・3ヶ月。その他は、執行猶予が与えられている。

(翻訳編集・余靜)

 (09/10/07 05:00)  





■関連文章
  • 中共のネット制御で、グーグルのシェア下落(09/10/01)
  • Facebookは知能強化、Twitterは知能低下 = 英国、心理学者の見解(09/09/29)
  • 韓国で中国人集団暴力事件 中国大使館が関与か(09/09/16)
  • 炭鉱爆発事故で42人死亡、37人が坑内に=河南省(09/09/10)
  • 先端テクノロジー公開、 独ベルリン家電見本市「IFA」(09/09/09)
  • 新型インフル感染拡大、韓国政府、対策を急ぐ(09/09/04)
  • 関西在住法輪功学習者、韓国政府の難民申請者強制送還に抗議(09/09/01)
  • 北朝鮮の弔問団 金大中元大統領へ哀悼の意示す (09/08/22)
  • 韓国キリスト教団体記者会見、法輪功学習者の強制送還に反対(09/07/28)
  • 中国インターネット利用者、世界最多3億3800万人(09/07/26)
  • 東京・南麻布:韓国在住の中国籍法輪功学習者強制送還に抗議(09/07/13)
  • ウイグル抗議事件:海外メディア記者、中国当局の真意を読み解く(09/07/10)
  • 中共ネット制限:米正式に不満を表明(09/06/25)
  • 9・11事件で活躍した救助犬、韓国でクローン化(09/06/18)
  • 韓国「江陵端午祭」から、中国伝統文化の復興を願う(09/06/03)