大紀元時報

米州15カ国、ベネズエラ大統領と側近の入国を禁止

2019年12月04日 15時16分
米国やコロンビア、チリ、ペルーなど米州の15カ国は3日、ベネズエラのマドゥロ大統領とその側近など29人の入国を禁止することで合意した。マドゥロ氏を退陣に追い込むための外交的圧力の一環。写真はマドゥロ氏反対デモでプラカードを掲げる参加者。カラカスで11月撮影(2019年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)
米国やコロンビア、チリ、ペルーなど米州の15カ国は3日、ベネズエラのマドゥロ大統領とその側近など29人の入国を禁止することで合意した。マドゥロ氏を退陣に追い込むための外交的圧力の一環。写真はマドゥロ氏反対デモでプラカードを掲げる参加者。カラカスで11月撮影(2019年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[ボゴタ 3日 ロイター] - 米国やコロンビア、チリ、ペルーなど米州の15カ国は3日、ベネズエラのマドゥロ大統領とその側近など29人の入国を禁止することで合意した。マドゥロ氏を退陣に追い込むための外交的圧力の一環。

入国禁止に合意した国はいずれも米州機構(OAS)加盟国で防衛に関する条約「米州相互援助条約(TIAR)」を結んでいる。

入国禁止対象者にはアレアサ外相、パドリノ国防相、ロドリゲス副大統領、統一社会党のカベロ副党首などが含まれ、TIARに加盟する15カ国への渡航が禁止される。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

^