印刷版   

(写真=大紀元)

ズボンのポケットに携帯電話 精子が30%減少か

 【大紀元日本11月10日】

 すでにもっとも主要な通信機器となった携帯電話を腰部に付ける、又は、ズボンのポケットに入れている男性を多く見かける。専門家によると、長期にわたるパソコンの使用、または、携帯電話をズボンのポケットに入れていることで、男性の精子数は30%減少するとし、残った精子の多くも正常に活動できず、生育能力が一層低下すると警告している。 

 生育能力低下のキーポイントとは、精子の質の低下である。原因として、精子無力症や奇形、精液液化異常、免疫性不育症、内分泌障害および輻射などが考えられる。英紙「タイムズ」によると、ハンガリーのセゲド大学産婦人科学科のフェイエス医師は研究の中で、携帯電話を持続的に使用することによって、精子の生産および男性生育能力に悪影響を与え、精子の濃度および遊動能力が低下する可能性があると指摘した。

 また、医学専門家によると、携帯電話を常に腰辺りまたは腹部の側に付けていると、携帯電話から発する電磁波が人体の腰部または腹部の側に輻射し、精子又は卵子に影響を与え、生育能力を弱めると指摘した。実際、英国での試験報告で、ネズミが携帯電話のマイクロ波を5分間照射し続けるとDNA病変が起きるという。人間の精子、卵子も長時間にわたり、携帯電話のマイクロ波照射を受けると、同様にDNA病変が起きうるという。

 専門家は、男性はできるだけ電磁波と接触する機会を少なくし、どうしても接しなければならない場合に、一定の安全距離、できれば50センチ以上を保つようにすることを勧めており、携帯電話は腰や腹部から離し、コートのポケットにも入れないこと。また、オフィスや自宅、電車に乗っているときに、携帯電話を身体から離れた場所に置く。外出時、携帯電話はバッグに入れる。また、イヤフォンマイクを使用して携帯電話をすることも輻射の影響を減少するのに有効であると勧める。

(翻訳編集・豊山)


 (09/11/10 05:00)  





■関連文章
  • WHO:携帯電話の長期使用、脳腫瘍発生を示唆(09/10/30)
  • 台湾、水素エネルギー時代に突入(09/10/08)
  • 中国インターネット利用者、世界最多3億3800万人(09/07/26)
  • 空軍戦闘機墜落、生存者不明=中国重慶(09/01/11)
  • スラーヤ3号 商用サービス開始(08/06/25)
  • 核漏れを隠ぺいする中国当局=被災者(08/05/27)
  • シーローンチ社、スラーヤ3号打ち上げ成功(08/01/16)
  • 上海市民1万人デモ、リニアモーターカー建設拡大反対(08/01/15)
  • 中国国防専門家、遺体バラバラ事件(07/09/30)
  • 携帯電話はどうしたら安全に使えるのか(07/08/28)
  • 電磁波の刺激で、睡眠時間を短縮(07/08/17)
  • 中国の携帯会社、軍創設80年記念で戦争映像の配信開始(07/08/02)
  • 香港税関、偽造携帯電話126台押収(07/07/10)
  • 米学生の新携帯番号に電話殺到、元の持ち主はP・ヒルトン(07/07/09)
  • メキシコ南部でM6.1の地震発生=米地質調査所(07/07/06)