フランス最大手銀行 違法取引で9150億円罰金

2014年07月01日 17時46分
【大紀元日本7月1日】米国の経済制裁対象国との違法取引で訴追されたフランス最大の銀行BNPパリバは6月30日、有罪を認めて89億7000万ドル(約9150億円)を支払うことで米当局と合意した。米国の制裁違反の罰金としては過去最高額となる。

 米司法省の同日の発表によると、BNPが2004年~2012年、米国の制裁対象国であるスーダンやイラン、キューバに対して約90億ドルの違法な取引を行ったことを認めた。

 また、米当局の要求に応じて、BNPのジョルジュ・ショドロン・ドクルセル最高執行責任者(COO)を含む13人の上層部幹部が退任することになるという。

 本件への捜査及び調査はこれをもって打ち切ることになる。

 BNPパリバはパリに本部を置く世界有数の金融グループのうちの一つである。

(翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^