大紀元座談会 中共「窃国」60年を「解剖」する

2009/10/02
更新: 2009/10/02
コメント

【大紀元日本10月2日】2009年10月1日、中国に共産党による事実上の一党独裁政権が成立して60年となるこの日、北京では盛大な記念式典がおこなわれました。

しかしこの60年間で、中国共産党による暴政のために犠牲となった人々は8000万人にも上ると言われています。

さらに2009年の今日もなお、中共によるさまざまな人権迫害は止みません。

「和諧(調和)社会」を提唱する中国共産党政権のもとで、なぜこれほど多くの民衆が激しい抗議活動を起こすのか。なぜこれほど深刻な自然破壊、環境汚染、食品汚染、社会道徳の崩壊に至ってしまったのか。「人災」とも言われる四川大地震の甚大な被害は、なぜ引き起こされたのか。

その根源的な問題を「解剖」するため、2004年11月に連載社説『九評共産党』を発表し、中国共産党の恐るべき本質を暴露した「大紀元時報」が、下記の通り、有識者を交えての座談会を開催します。

              記

日時:2009年10月9日(金)午後7時~9時

会場:文京シビックセンター地下1階 学習室

交通:都営地下鉄三田線・大江戸線春日駅1分

   丸の内線・南北線後楽園駅3分

   JR水道橋駅10分

発言者:夏 一凡 氏(元中国建築技術者)

     高峰 一 氏(工学博士)

     ほか専門家・有識者数名を予定

主催:大紀元時報

後援:新唐人テレビ 希望の声ラジオ 全世界脱党支援センター日本

問合せ:090-6544-5206(牧)

※一般の方の聴講も可能です。直接会場へお越しください。(先着40名)