謝田コラム

反米から親米へ「中国のフルシチョフ」の期待 習近平政権が向かうもの

2017年06月25日 11時00分

 先月行われたトランプ米大統領と習近平国家主席の米中首脳会談。トランプ大統領がシリアや北朝鮮に対し次々と強硬な姿勢を示したことに注目が集まったが、このころ中国もまた、静かに国家戦略の大転換を行っていた。

 この意味に気づいた人は、そう多くはないかもしれない。

米中首脳会談 トランプ氏は「傑出したもの」習近平氏は「巧妙」

 トランプ大統領は習主席との関係を「傑出した」ものだと表現し、今後顔を合わせる機会をより一層増やしたいと語った。また、「多くの悪質な問題を解決することができると信じている」と今後の米中関係に対する期待感を示した。 

 この「悪質な問題」とは、おそらく中国と北朝鮮の共産主義と一党独裁体制を指していると考えられる。

 習主席も、今回の米中首脳会談について、巧妙で創造的な構想などの意味の唐詩「匠心独具」に例えて表現。今後の米中関係を発展させるための「特殊で重要な意義」があったとの認識を示した。

習近平氏はトランプ氏に 体制変化の可能性について触れたか

 計7時間も及んだ米中首脳の個人会談の内容がほとんど公表されていないが、その後、両国はたがいに大胆な政策転換をした。このことから、習近平氏はトランプ氏に、対米戦略の路線転換と、現体制を変化させることについて話題にしたと推測できる。

 信じられないような話に見えるが、中国、ロシア、北朝鮮、シリア及び北大西洋条約機構(NATO)に対するトランプ大統領の外交政策がほぼ180度転換したのを見ると、あながち的外れな見方ではないことがわかる。

 ロシアに対しては、米国は明らかに忍耐力を失っている。実際、ロシア政府に対する物言いもとげとげしさを増し、ついにはロシアの盟友であるシリアに対し、直接空爆を行った。今の米国はシリアのアサド政権に対し、かつてのオバマ政権時代のような懐柔と弱腰を繰り返すようなことはしていない。

 アサド政権が化学兵器を使用したとして、トランプ政権は空爆を行った。トランプ氏いわく「時代遅れで」効果のないNATOは、今回の戦略的地位は際立っている。北朝鮮が常とう手段にしていた、絶え間ない挑発と虚言で国際社会からの注目と援助を求めようとする政策は、たちまち効果を失った。

シリア非難決議案、中国当局 異例の棄権=国連安保理(GettyImages)

習近平政権は、これまでの反米路線の放棄

^