THE EPOCH TIMES

マレーシアとシンガポール、高速鉄道計画の延期に合意=現地紙

2018年09月04日 09時25分

[クアラルンプール 3日 ロイター] - マレーシアとシンガポール両政府は両国を結ぶ高速鉄道建設計画を2年間延期することで合意した。マレーシアのメディアが報じた。多額の債務を抱えるマレーシア政府は財政再建を優先するために大型プロジェクトを見直す構えを示している。

1日付のマレーシア経済紙ジ・エッジが関係筋の話として報じたところによると、両政府は2020年5月31日まで同計画を延期することで合意。双方とも違約金を支払う必要はなく、マレーシアは財政を見直す時間を確保することになる。

マレーシアのアズミン・アリ経済相は3日、両政府が違約金を伴わない形での延期に合意したと認めた。両政府が近く、新たな合意書に署名する際に詳細を明らかにすると述べた。

同相は延期期間について問われ、「妥当な期間」と述べるにとどめた。ロイターが発言の録音データを確認した。

マハティール首相は5月の総選挙で政権を奪取してからすぐに、同計画を中止する意向を示していた。

アズミン氏は、マレーシアは同計画を遂行する構えだが、負担を軽減する必要があると表明。延期期間中にどのようにコストを削減するかについて検討すると述べた。

シンガポール運輸省はコメントの求めに対し、コー・ブンワン運輸相がフェイスブック上で決定事項について「近く」発表があると投稿しているのを参照するようにと応じた。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^