THE EPOCH TIMES
真実と伝統

トランプ氏、米朝首脳再会談「近く」発表 開催地未定

2018年09月25日 11時20分

[国連 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、北朝鮮との第2回首脳会談について「近く」発表するとの見通しを示した。開催地は未定だが、シンガポール以外となる公算が大きいとした。

韓国の文在寅大統領と会談中に発言。「金正恩朝鮮労働党委員長が非常にオープンで、率直に言って素晴らしい姿勢をとっている。金氏は何か進展を望んでいると思う」と述べた。

文氏はトランプ氏に金氏の親書を手渡したとし、同氏が米朝首脳会談の早期実現を期待していることを明らかにした。

トランプ氏と文氏は北朝鮮情勢や貿易問題について話し合ったという。

これより先、ポンペオ米国務長官は記者団に対し、年内に再訪朝し、2回目の米朝首脳会談に向けて最終調整をしたいとの考えを明らかにするとともに、再会談の実現に自信を示した。

ポンペオ長官は「近いうちに平壌を訪問する」との見通しを示し、訪朝は年内になるかとの質問に対し「そうだ。うまくいけば年内に訪問するだろう」と答えた。

長官は、金委員長が非核化の約束を実行することに楽観的な見方を示す一方、時間が必要だとも指摘。「やるべきことは残っている。完全な非核化に到達するまでには間違いなく一定の時間がかかるだろう」と述べた。

ポンペオ長官は国連総会にあわせて北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と今週会談することを打診している。ヘイリー米国連大使が前週明らかにしたところによると、両外相は会談の開催で一致したが、時期は後ずれする可能性がある。

*内容を追加します。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^