大紀元時報

仏、サウジ向け武器輸出で明言避ける 独は輸出中止を呼び掛け

2018年10月23日 15時46分

[パリ 22日 ロイター] - フランス政府は22日、サウジアラビア向けの武器輸出を停止するかどうか明言を避けた。

これに先立ち、ドイツ政府は、サウジの反体制記者ジャマル・カショギ氏が殺害された疑惑の真相が解明されない限り、サウジへの武器輸出を中止するよう欧州連合(EU)加盟国に呼び掛けていた。

フランス外務省の副報道官は、同国の武器売却制限政策は厳格なものであり、省庁間の委員会がケースバイケースで分析して決定すると表明。「サウジへの武器輸出は、こうした状況で検討されている」と述べた。

フランスとサウジは、エネルギー・金融・武器など様々な分野で、密接な外交・通商関係を築いている。

フランス国防省のデータによると、2008─2017年にかけてサウジはフランスから110億ユーロ(126億ドル)以上の武器を購入。フランスにとって第2位の輸出先となっている。

フランスのルドリアン外相は、カショギ氏殺害を「深刻な犯罪」と非難。「すべての真相解明をサウジに求める。その上で対応を決める」と述べている。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^