大紀元時報

北朝鮮の金委員長、ミサイル発射を視察 米韓演習に警告=KCNA

2019年08月07日 13時44分
8月7日、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、金正恩朝鮮労働党委員長(写真右)が6日に新型戦術誘導ミサイルの発射に立ち会ったと伝えた。写真はKCNAが7月26日に公表(2019年 ロイター)
8月7日、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、金正恩朝鮮労働党委員長(写真右)が6日に新型戦術誘導ミサイルの発射に立ち会ったと伝えた。写真はKCNAが7月26日に公表(2019年 ロイター)

[ソウル 7日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は7日、金正恩朝鮮労働党委員長が6日に新型戦術誘導ミサイルの発射に立ち会ったと伝えた。

KCNAによると、金委員長は発射について、「米韓当局が実施している合同軍事演習に対し適切な警告を送る機会だ」と述べた。

KCNAはまた、北朝鮮の西側から発射された新型新型戦術誘導ミサイルは朝鮮半島の「首都圏と主要な内陸地域」上空を通過し、東海岸沖の「目標地点の小島に正確に到達した」とし、韓国軍合同参謀本部の6日の分析を確認した。

KCNAは、ミサイルの「信頼性、安全性、実際の兵器としての能力が(発射によって)明確に実証された」と続けた。

北朝鮮は過去2週間で飛翔体を4回発射している。

来日中のエスパー米国防長官は、安倍普三首相との会談で、北朝鮮は依然として大きな懸念要因だと発言。

同長官は前日、北朝鮮のミサイル実験に過剰反応しないと述べている。

韓国統一省の報道官は、北朝鮮にミサイル実験の中止を要求。南北軍事共同委員会の稼働など信頼醸成措置を模索するよう求めた。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

^