大紀元時報

有志連合、やりとりなかった=安倍首相・米国防長官会談で官房長官

2019年08月07日 13時37分
8月7日、菅義偉官房長官は午前の記者会見で、訪日中のエスパー米国防長官(写真左)と安倍晋三首相(写真右)との会談で、中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連合構想について「特段のやりとりはなかったと聞いている」と語った。写真は都内で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)
8月7日、菅義偉官房長官は午前の記者会見で、訪日中のエスパー米国防長官(写真左)と安倍晋三首相(写真右)との会談で、中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連合構想について「特段のやりとりはなかったと聞いている」と語った。写真は都内で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - 菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、訪日中のエスパー米国防長官と安倍晋三首相との会談で、中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連合構想について「特段のやりとりはなかったと聞いている」と語った。菅官房長官とエスパー長官の会談でも同様だったと説明した。

国内の各報道によると、エスパー国防長官は安倍首相らとの会談で有志連合構想について協議するとの見通しが出ていた。 

共同通信によると、エスパー国防長官は安倍首相との会談前、有志連合構想について「日本は参加を強く検討すべきだ」と同行記者団に語った。

^