大紀元時報

米国防長官と中東情勢で意見交換、詳細控える=有志連合で岩屋防衛相

2019年08月07日 13時37分
8月7日、岩屋毅防衛相(写真右)は、エスパー米国防長官(写真左)との会談後に記者会見し、中東も含め、様々な地域情勢について意見交換したが、詳細は控えると述べた。写真は都内での代表撮影(2019年/ロイター)
8月7日、岩屋毅防衛相(写真右)は、エスパー米国防長官(写真左)との会談後に記者会見し、中東も含め、様々な地域情勢について意見交換したが、詳細は控えると述べた。写真は都内での代表撮影(2019年/ロイター)

[東京 7日 ロイター] - 岩屋毅防衛相は7日、エスパー米国防長官との会談後に記者会見し、中東も含め、様々な地域情勢について意見交換したが、詳細は控えると述べた。

ホルムズ海峡などの安全確保を目的として米国が主張している有志連合構想について話があったのか、との質問に答えた。岩屋防衛相は関連して、日本の船舶の航行の安全確保にどのような方法が効果的か、米国やイランとの関係など様々な角度から検討し、総合的に判断していく考えを示した。

岩屋防衛相はまた6日に北朝鮮が発射した飛翔体について、短距離弾道ミサイルだと断定。地域の安全と平和を確保するには日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)も含めた連携が必要だとの認識で米国防長官と一致したと語った。

(石田仁志)

^