大紀元時報

アリババの蔡副会長、米NBAネッツの単独オーナーに

2019年08月19日 17時41分
8月16日、米プロバスケットボール協会(NBA)は、中国電子商取引会社アリババ・グループの共同創業者、蔡崇信(ジョゼフ・ツァイ)副会長がNBAのブルックリン・ネッツの所有権51%をロシアの大富豪ミハイル・プロホロフ氏から買収すると発表した。写真は同副会長。ビバリーヒルズで4月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)
8月16日、米プロバスケットボール協会(NBA)は、中国電子商取引会社アリババ・グループの共同創業者、蔡崇信(ジョゼフ・ツァイ)副会長がNBAのブルックリン・ネッツの所有権51%をロシアの大富豪ミハイル・プロホロフ氏から買収すると発表した。写真は同副会長。ビバリーヒルズで4月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[16日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)は16日、中国電子商取引会社アリババ・グループ<BABA.N>の共同創業者、蔡崇信(ジョゼフ・ツァイ)副会長がNBAのブルックリン・ネッツの所有権51%をロシアの大富豪ミハイル・プロホロフ氏から買収すると発表した。

ネッツの本拠地「バークレイズセンター」もあわせて取得する。

ロイターは14日に、蔡氏によるネッツ買収額は23億5000万ドルに上ると報じていた。

同氏は既に、昨年4月にネッツの所有権49%をプロホロフ氏から取得しており、残る51%を買収して単独オーナーとなる。

^