大紀元時報

原油先物が下落、中国が対米追加関税発表

2019年08月24日 12時05分
23日、原油先物相場が下落。中国が対米追加関税を発表したことで米中貿易摩擦が激化するという懸念が強まった。写真は2018年11月撮影(2019年 ロイター/Stephen Eisenhammer)
23日、原油先物相場が下落。中国が対米追加関税を発表したことで米中貿易摩擦が激化するという懸念が強まった。写真は2018年11月撮影(2019年 ロイター/Stephen Eisenhammer)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 23日の原油先物相場は下落。中国が対米追加関税を発表したことで米中貿易摩擦が激化するという懸念が強まった。

清算値は北海ブレント原油先物<LCOc1>が0.58ドル(1%)安の59.34ドル。米国原油の指標であるWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物<CLc1>は1.18ドル(2.1%)安の54.17ドル。週間では北海ブレントが1.3%安、WTIが1.2%高。

中国商務省は23日、対米報復関税を発動すると発表した。米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5─10%の追加関税を課す。一部製品に対する追加関税は9月1日、残りは12月15日に発動する。

^