大紀元時報

ブラジル、トランプ政権の圧力受け米からの不法移民送還に協力

2019年08月27日 09時02分
8月26日、ブラジル政府は、トランプ米政権からの強い要請に応じて、米国が不法移民をブラジルに送還しやすくする措置を講じた。写真は6月28日、大阪で開催された20カ国・地域(G20)首脳会議で撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)
8月26日、ブラジル政府は、トランプ米政権からの強い要請に応じて、米国が不法移民をブラジルに送還しやすくする措置を講じた。写真は6月28日、大阪で開催された20カ国・地域(G20)首脳会議で撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ブラジリア 26日 ロイター] - ブラジル政府は、トランプ米政権からの強い要請に応じて、米国が不法移民をブラジルに送還しやすくする措置を講じた。複数の政府関係者が明らかにした。

米国がブラジルに不法移民を送り返すために航空便を使う場合、これまでは本人が有効な旅券を保有していることが条件だった。しかし関係者によると、ブラジル連邦警察は6月に航空会社宛てのメモで、旅券がなくても領事館が発行した国籍証明書があれば、移民を搭乗させることができると通知した。

トランプ政権は不法移民を速やかに国外退去させる取り組みを進めており、ブラジル政府のこうした措置によって米移民・関税捜査局(ICE)は不法移民をより円滑に送還することができる。

政府関係者の1人はロイターに「(トランプ政権からの)圧力は大幅に高まっていて、ブラジルは制裁さえちらつかされた」と語った。具体的な制裁内容には言及していない。

ICEのデータでは、2017年度に1413人だったブラジルから米国にやってきた不法移民は18年度に1691人に増え、国籍別の国外退去処分者数としてはブラジルは6番目だった。

^