大紀元時報

米NY市、電子たばこ通販22社を提訴 未成年者への販売で

2019年10月10日 16時30分
10月9日、米ニューヨーク市は、オンラインの電子たばこ小売り22社が未成年者に製品を販売したとしてブルックリンの連邦地裁に提訴したと発表した。写真はニューヨークのブロードウェーで9月9日撮影(2019年 ロイター/Andrew Kelly)
10月9日、米ニューヨーク市は、オンラインの電子たばこ小売り22社が未成年者に製品を販売したとしてブルックリンの連邦地裁に提訴したと発表した。写真はニューヨークのブロードウェーで9月9日撮影(2019年 ロイター/Andrew Kelly)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米ニューヨーク市は9日、オンラインの電子たばこ小売り22社が未成年者に製品を販売したとしてブルックリンの連邦地裁に提訴したと発表した。

訴状によると、22社は年齢確認を怠り、21歳未満の消費者への電子たばこ販売を禁じるニューヨーク州法に違反した。同市は、これらの会社に同法の順守に加え、「ニューヨーク市における未成年者間の電子たばこまん延の問題に対処するための費用」を補償する損害賠償を求めている。

電子たばこを巡っては規制当局による取り締まりが強化されている。大手電子たばこメーカーのジュール・ラブズや、同社の親会社でマルボロのメーカーであるアルトリア・グループ<MO.N>を相手取り、若い成人と10代の若者の親が起こす訴訟の数が増加している。

^