大紀元時報

香港で抗議活動続く、無許可集会に数千人参加

2019年10月28日 15時06分
10月27日、香港・九竜地区の繁華街で、政府への抗議集会が無許可で行われ、数千人が参加した。写真は同日香港で撮影(2019年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)
10月27日、香港・九竜地区の繁華街で、政府への抗議集会が無許可で行われ、数千人が参加した。写真は同日香港で撮影(2019年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[香港 27日 ロイター] - 香港・九竜地区の繁華街で27日、政府への抗議集会が無許可で行われ、数千人が参加した。警官隊は放水車などを使いデモ隊排除に乗り出した。

香港では、中国への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への反発で6月中旬から抗議運動が続いており、今週末のデモは21週目となった。

デモ参加者は「香港のために戦おう」と叫び、政府に対する「5大要求」の全てがかなえられるべきだと主張した。デモ隊は、有権者が1票を投じる普通選挙の導入や、デモ隊に対する警察の暴力に関する独立調査委員会設置などの5つの要求を掲げている。

警察はこの日も一部の抗議活動者を拘束した。ウォーターフロント付近に集結していたデモ参加者は九竜半島の中心繁華街「ネイザンロード」に移動した。ネイザンロードの多くの高級ブランド店は店舗を閉鎖した。

デモ参加者からは、イスラム教徒やジャーナリスト、市民を守れという声も上がった。

^