大紀元時報

中国、日米韓・台湾からのポリ塩化ビニル輸入で反ダンピング税解除

2019年10月30日 18時03分
10月30日、中国商務省は、米国、韓国、日本、台湾からのポリ塩化ビニル(PVC)の輸入に対する反ダンピング(不当廉売)関税を9月29日に解除したことを明らかにした。写真は上海の港で8月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)
10月30日、中国商務省は、米国、韓国、日本、台湾からのポリ塩化ビニル(PVC)の輸入に対する反ダンピング(不当廉売)関税を9月29日に解除したことを明らかにした。写真は上海の港で8月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[30日 ロイター] - 中国商務省は30日、米国、韓国、日本、台湾からのポリ塩化ビニル(PVC)の輸入に対する反ダンピング(不当廉売)関税を9月29日に解除したことを明らかにした。

反ダンピング関税は2015年9月28日から3年間導入されていた。商務省によると、昨年9月の導入期限終了時にPVC輸入に関する新たな反ダンピング調査が開始され、1年後の今年9月に調査が完了。関税が解除されたという。

^