大紀元時報

香港、大学籠城者に投降の動き 警察トップ「平和的解決望む」

2019年11月22日 21時09分
11月22日、香港政府に抗議する学生などのデモ隊が籠城する香港理工大学では未明、少なくとも8人が、包囲している警察に投降した。一時数百人いた籠城者は数十人に減り、大学を舞台とした衝突は収束に向かいつつある。香港理工大の学食で撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)
11月22日、香港政府に抗議する学生などのデモ隊が籠城する香港理工大学では未明、少なくとも8人が、包囲している警察に投降した。一時数百人いた籠城者は数十人に減り、大学を舞台とした衝突は収束に向かいつつある。香港理工大の学食で撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[香港 22日 ロイター] - 香港政府に抗議する学生などのデモ隊が籠城する香港理工大学では22日未明、少なくとも8人が、包囲している警察に投降した。一時数百人いた籠城者は数十人に減り、大学を舞台とした衝突は収束に向かいつつある。

香港警察のトップ、クリス・タン警務処長は、まだキャンパス内に残っている人々に出てくるよう呼びかけ「われわれは平和的な解決を望んでいる。期限は設定していない」と述べた。

籠城しているデモ参加者の大半は、暴動罪などで逮捕されたくないと述べ、警察の監視をかいくぐって脱出する方法を模索している。

ある男性(23)は「少し疲れを感じているが、脱出をあきらめるつもりはない」と語った。

ロイター記者は、黒装束の6人が手を挙げて警察の列に向かって歩く姿を目撃した。救急隊員によると、その後2人が投降したという。

^