大紀元時報

トランプ氏、米中交渉成立の判断まだ 「合意近いかも」

2019年11月23日 16時23分
トランプ米大統領は22日、米中通商合意が「非常に近い可能性がある」と述べた。21日撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst )
トランプ米大統領は22日、米中通商合意が「非常に近い可能性がある」と述べた。21日撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst )

[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、米中通商交渉は非常に順調に進んでいるが、最終的な取りまとめを望むかどうかはまだ判断していないと明らかにした。

トランプ氏は記者団に対し「米中のディール(取引)はとても順調に進展しているが、問題は私がディールをまとめたいかどうかだ」と語った。

これに先立ち、FOXニュースの番組では、米中合意が「非常に近い可能性がある」と表明。また中国の習近平国家主席に対し、中国は対米貿易黒字国であるため「公平な取引になり得ない」ことを明確に伝えたと語った。

香港で続くデモにも触れ、「米国は香港を支持する必要があるが、私は習氏も支持している」とした。

^