大紀元時報

廃棄した「桜を見る会」参加者名簿データ、復元できない=菅官房長官

2019年11月28日 14時18分
11月28日、菅義偉官房長官は午前の会見で、廃棄した「桜を見る会」参加者名簿のデータについては復元できないと述べた。写真は今春行われた「桜を見る会」。4月13日、東京で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-hoon)
11月28日、菅義偉官房長官は午前の会見で、廃棄した「桜を見る会」参加者名簿のデータについては復元できないと述べた。写真は今春行われた「桜を見る会」。4月13日、東京で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-hoon)

[東京 28日 ロイター] - 菅義偉官房長官は28日午前の会見で、廃棄した「桜を見る会」参加者名簿のデータについては復元できないと述べた。

「技術的に復元できないのか、それともルールとしてできないのか」との質問に対しては「承知していない」とした上で、名簿の廃棄についてはルールに基づき政府として対応している、との従来の見解を繰り返した。「電子データを含め全てのデータが失われたのかどうか再調査する考えはないか」などの質問に対しては明確な返答を避けた。

また、「桜を見る会」で菅官房長官が反社会的勢力とされる人物と写真に写っていたとの指摘については、「多くの人と写真を撮っており、その人物とは面識はない」と述べた。

^