大紀元時報

緊急事態宣言、必要なら躊躇なく決断実行=安倍首相

2020年04月02日 16時17分
4月2日、安倍晋三首相は衆院本会議で、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言について、必要なら躊躇なく決断して実行すると述べた。写真は首相官邸で3月14日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
4月2日、安倍晋三首相は衆院本会議で、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言について、必要なら躊躇なく決断して実行すると述べた。写真は首相官邸で3月14日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 安倍晋三首相は2日の衆院本会議で、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言について、必要なら躊躇なく決断して実行すると述べた。浦野靖人議員(維新)への答弁。

安倍首相は緊急事態宣言発動の要件を問われ、現在の状況は「全国的かつ急速に蔓延している状況ではない」としつつ、「東京をはじめ大都市で感染者が急増しており、感染経路が不明な例も増加、海外からの流入が疑われる例も多数ある」と指摘。「現時点でぎりぎり持ちこたえているが、少しでも気を緩めれば、いつ急拡大してもおかしくない。瀬戸際の状態が継続している。時々刻々と事態が動いているその先を見て、必要なら躊躇なく決断し実行する」と述べた。

 

 

(竹本能文)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^