大紀元時報

休業協力金の財源、補正の臨時交付金使えるか検討中=官房長官

2020年04月10日 20時42分
4月10日、菅官房長官は、東京都に続いて神奈川県、埼玉県が休業要請に応じた企業に対し、協力金の支払いを行う意向を示したことについて、財源として2020年度補正予算に盛り込まれる自治体向けの「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を使用できるかは、各省庁間で検討中であるとの見解を示した。写真は7日、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
4月10日、菅官房長官は、東京都に続いて神奈川県、埼玉県が休業要請に応じた企業に対し、協力金の支払いを行う意向を示したことについて、財源として2020年度補正予算に盛り込まれる自治体向けの「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を使用できるかは、各省庁間で検討中であるとの見解を示した。写真は7日、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 10日 ロイター] - 菅義偉官房長官は10日午後の会見で、東京都に続いて神奈川県、埼玉県が休業要請に応じた企業に対し、協力金の支払いを行う意向を示したことについて、財源として2020年度補正予算に盛り込まれる自治体向けの「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を使用できるかは、各省庁間で検討中であるとの見解を示した。

総額1兆円の交付金について、菅官房長官は緊急経済対策に盛り込まれた事項を実行するため、各自治体の判断で使途を決めることができると説明した。

ただ、東京都が公表したような休業要請の対象になる企業に支払う協力金の財源に使えるかどうかは「省庁で検討中」と述べ、使用可能であるとは明言しなかった。

(田巻一彦)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^