大紀元時報

米政府専門家「後退の時ではない」、経済早期再開論に警戒感

2020年04月11日 06時53分
米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は10日、新型コロナウイルスの被害が大きいニューヨークなどでも改善の兆しが出ているが、行動規制を解除するのは時期尚早という見解を示した。ニューヨーク・タイムズスクエアで9日撮影(2019年 ロイター/EDUARDO MUNOZ)
米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は10日、新型コロナウイルスの被害が大きいニューヨークなどでも改善の兆しが出ているが、行動規制を解除するのは時期尚早という見解を示した。ニューヨーク・タイムズスクエアで9日撮影(2019年 ロイター/EDUARDO MUNOZ)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は10日、新型コロナウイルスの被害が大きいニューヨークなどでも改善の兆しが出ているが、行動規制を解除するのは時期尚早という見解を示した。

ムニューシン財務長官とのカドロー国家経済会議(NEC)委員長は前日、5月にも経済活動の再開に着手する可能性があるとの考えを表明。また、11月の大統領選で再選を目指すトランプ大統領も会見で、極めて近いうちに再開できることを望むと述べた。

これに対し、ファウチ所長はCNNのインタビューで、経済活動再開前に「非常に明確で力強く正しい方向に進んでいるというはっきりした兆候を確認したい。拙速に解除して元の状態に戻ることは避けたいからだ」と警戒感を示した。

米国は12日に復活祭(イースター)の祝日を迎えるが、ファウチ氏はソーシャル・ディスタンシング(社会的距離戦略)継続は重要だとし、「後退する時ではない」と強調した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^