大紀元時報

中国当局「元幹部が政権転覆の決死隊を結成」と摘発 ネット上で「茶番かも」

2020年04月18日 10時06分
中国メディア4月16日、元幹部の男が政権転覆を狙うクーデターと決死隊の組織を計画した(スクリーンショット)
中国メディア4月16日、元幹部の男が政権転覆を狙うクーデターと決死隊の組織を計画した(スクリーンショット)

中国メディアは「国家安全の日」に当たる4月15日、これまで検挙した国家安全保障に関わる事件を初めて公開した。この中に、定年退職をした元幹部が「決死隊」を組織し、中国共産党政権を転覆させるためのクーデターを企てた事件が注目された。

16日の報道によると、中国南部雲南省の学校に勤めた粛(男性)は、ネット上で複数回、中国の政治を批判する記事を投稿した。2016年、粛は海外敵対勢力のメンバーとともに、四川省成都市で政権の転覆を計画した。計画では、海外から武器を入手してから、国内で「決死隊」のメンバーを募るという内容だった。また、2017年、中国の旧正月に、雲南省昆明市の警察署や中国軍の武器庫などを襲撃する計画もあったという。計画通りに成功すれば、インターネットを通じて政治方針を公表するが、失敗すれば、海外に亡命する。

計画を遂行するために、粛は中国SNSの微信で複数のグループチャットを設け、敵対勢力メンバーとの面会や武器購入のための資金などについて指示した。しかし、クーデターを実施する前に拘束された。

この報道について、インターネット上では、「真の男だ」「人民の英雄」と称賛する声がある一方で、中国当局が反体制派を威嚇するために作ったフェイクニュースの可能性との意見もある。

「『彼は、指示をするために複数の微信グループチャットを設けた』という内容を見て、笑い出したよ」

「微信グループチャット?これって自ら進んで網にかかったということだよね」

「微信グループチャットでこのようなことを計画するって、IQが低いのでは?」

「中共の自作自演の茶番かも」

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^