大紀元時報

オックスフォード大のコロナワクチン試験、「適切な免疫反応」

2020年07月02日 12時50分
7月1日、英オックスフォード大学のウイルス学教授のサラ・ギルバート氏は議会公聴会で、新型コロナウイルスワクチンを開発する同氏のチームが後期(フェーズ3)臨床試験で適切な免疫反応を得たと語った。イメージ写真。4月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)
7月1日、英オックスフォード大学のウイルス学教授のサラ・ギルバート氏は議会公聴会で、新型コロナウイルスワクチンを開発する同氏のチームが後期(フェーズ3)臨床試験で適切な免疫反応を得たと語った。イメージ写真。4月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 1日 ロイター] - 英オックスフォード大学のウイルス学教授のサラ・ギルバート氏は1日の議会公聴会で、新型コロナウイルスワクチンを開発する同氏のチームが後期(フェーズ3)臨床試験で適切な免疫反応を得たと語った。投与の準備がいつ整えられるかについては明確な言及を避けた。

ギルバート氏によると、治験対象人数を多数に広げ、年齢を19歳以上とする後期試験で、ボランティア8000人が、英製薬大手アストラゼネカにライセンスが供与されたワクチン「AZD1222」の治験に参加。後期試験はワクチンが感染予防と新型ウイルス感染症の症状にどう効果を持つかを評価する。

ワクチンの英政府専門チームを率いるケイト・ビンガム氏は、オックスフォード大のワクチン計画とは別に、来年初めまでに画期的な進展があることを希望すると発言した。

ギルバート氏は、オックスフォード大チームのワクチン開発がより早期に進むことを望むと述べたが、ワクチンの準備が整う時期のめどについては、治験の結果次第だと語るにとどめた。

新型コロナは今年末に向けて、北半球の冬の訪れとともに流行が再燃すると警戒されている。

オックスフォード大医学部のジョン・ベル欽定教授は、英国は冬季に新型コロナワクチンがまだない状態を避けるよう用意を進めるべきだと発言した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^