大紀元時報

インドのモディ首相、中国ウェイボのアカウント閉鎖

2020年07月02日 17時14分
7月2日、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」は、インド大使館の要請に応じて、同国のモディ首相のアカウントを閉鎖したと発表した。写真はインドで昨年11月撮影(2020年 ロイター/Altaf Hussain)
7月2日、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」は、インド大使館の要請に応じて、同国のモディ首相のアカウントを閉鎖したと発表した。写真はインドで昨年11月撮影(2020年 ロイター/Altaf Hussain)

[香港 2日 ロイター] - 中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」<WB.O>は、インド大使館の要請に応じて、同国のモディ首相のアカウントを閉鎖したと発表した。インドと中国は国境付近の軍の衝突で緊張が高まっている。

モディ首相は2015年に中国を訪問した際、ウェイボに最初の投稿を行っているが、普段はさほど使っていない。フォロワーの数は20万人程度で、これまでの投稿は100件。

ウェイボは1日遅くにモディ首相のアカウント閉鎖を発表した。これに先立ちインド政府は、中国企業などが提供する59のモバイルアプリを禁止すると発表。対象アプリには、ウェイボや中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営する「TikTok(ティックトック)」などが含まれている。

インド政府は、アプリ禁止の理由を「インドの主権、保全、国防、治安、社会秩序に悪影響を及ぼすため」と説明している。

インドと中国は国境付近の係争地で軍が衝突し、対立が続いている。

インド大使館はコメントの要請に応じていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^