大紀元時報

田辺三菱系のメディカゴ、コロナワクチン初期治験開始 植物由来

2020年07月15日 10時37分
カナダのバイオ医薬品開発会社のメディカゴは14日、新型コロナウイルスワクチンの初期治験を開始したと発表した。ケベック市の同社施設で撮影したたばこの葉。2014年8月撮影(2020年 ロイター/MATHIEU BELANGER)
カナダのバイオ医薬品開発会社のメディカゴは14日、新型コロナウイルスワクチンの初期治験を開始したと発表した。ケベック市の同社施設で撮影したたばこの葉。2014年8月撮影(2020年 ロイター/MATHIEU BELANGER)

[14日 ロイター] - カナダのバイオ医薬品開発会社のメディカゴは14日、新型コロナウイルスワクチンの初期治験を開始したと発表した。

米たばこ大手フィリップ・モリス<PM.N>も出資するメディカゴは、たばこの葉を使った植物由来のワクチンを開発。英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>、および米ダイナバックス・テクノロジーズ<DVAX.O>が開発した、ワクチンと共に投与して効果を高める物質「アジュバント」を利用して治験を実施した。

治験には180人の健康なボランティアが参加。13日に接種を行った。

メディカゴは2021年末までに約1億回分のワクチンを製造したい考え。当初の供給先はカナダと米国になる公算が大きいとしている。

メディカゴはケベック市に本社を置く未上場企業で、フィリップ・モリスが33%株式、田辺三菱製薬が残りの株式を保有している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^