大紀元時報

トランプ氏、警官の暴行では「白人の方が多く殺されている」

2020年07月15日 09時55分
7月14日、トランプ米大統領は、CBSニュースとのインタビューで、黒人に対する警察の暴力の問題について、警官によって殺されるのは白人の方が「もっと多い」と述べ、黒人を特別視しない姿勢を示した。ホワイトハウスで撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)
7月14日、トランプ米大統領は、CBSニュースとのインタビューで、黒人に対する警察の暴力の問題について、警官によって殺されるのは白人の方が「もっと多い」と述べ、黒人を特別視しない姿勢を示した。ホワイトハウスで撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 14日 ロイター] - トランプ米大統領は14日、CBSニュースとのインタビューで、黒人に対する警察の暴力の問題について、警官によって殺されるのは白人の方が「もっと多い」と述べ、黒人を特別視しない姿勢を示した。

トランプ氏は、黒人がいまだに当局の手で殺されているのはなぜかと問われ、「白人も同じだ。何てひどい質問だ。むしろ白人の方が多い」と強調した。

米国では5月に起きた白人警官による黒人のジョージ・フロイドさんの暴行死を受け、黒人に対する警察の暴力に世論の注目が集まり、抗議活動が国内外で広がった。

13日に公表された米紙ワシントン・ポストの分析によると、米国の警察によって銃殺される人々の半分は白人だが、黒人は米人口全体に占める比率が13%弱と低く、黒人人口に警察に銃殺される人が占める割合は白人の2倍以上だという。

最近のデモを受けて、一部地域で続けられている、南北戦争で奴隷制度の存続を主張した南部連合(南軍)の軍旗掲揚の慣習を維持すべきかどうかや、南軍関係者の像を撤去すべきかを巡り議論が強まった。

トランプ氏はCBSのインタビューで南軍旗を撤去すべきかどうか問われ「南軍旗を好きな人々を知っているが、奴隷制度が頭にあるわけではない」と応じた。その上で、南軍旗の問題にせよ「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」にせよ「言論の自由」があると続けた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^