大紀元時報

新型コロナで午後にモニタリング会議、なかなか厳しい状況=小池都知事

2020年07月15日 11時49分
7月15日、東京都の小池百合子知事(写真)は午前、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている都内の状況に関して、毎週木曜日に行っているモニタリング会議を前倒しして同日午後1時から開催することを明らかにした。写真は都内で10日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
7月15日、東京都の小池百合子知事(写真)は午前、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている都内の状況に関して、毎週木曜日に行っているモニタリング会議を前倒しして同日午後1時から開催することを明らかにした。写真は都内で10日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] - 東京都の小池百合子知事は15日午前、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている都内の状況に関して、毎週木曜日に行っているモニタリング会議を前倒しして同日午後1時から開催することを明らかにした。モニタリング会議で状況を分析し都の考えをまとめていくとし、「なかなか厳しい状況にあるという認識は持っている」と述べた。

朝日新聞などは、東京都が専門家による評価に基づいて設定する警戒レベルを4段階のうち最も深刻な「感染が拡大していると思われる」に引き上げると報じている。

都は7月から感染の「次の波」に備え新たな指標を公表しており、前回9日は感染状況の評価は深刻度が上から2番目の「感染が拡大しつつあると思われる」だった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^