大紀元時報

日本、対韓輸出管理巡るWTOパネル設置に遺憾表明

2020年07月30日 15時23分
7月30日、世界貿易機関(WTO)は、韓国が日本による輸出管理厳格化を提訴していた事案について、第一審に当たる紛争処理委員会(パネル)を設置した。写真はWTOのロゴ。ジュネーブで23日撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)
7月30日、世界貿易機関(WTO)は、韓国が日本による輸出管理厳格化を提訴していた事案について、第一審に当たる紛争処理委員会(パネル)を設置した。写真はWTOのロゴ。ジュネーブで23日撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[ソウル 30日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)は29日、韓国が日本による輸出管理厳格化を提訴していた事案について、第一審に当たる紛争処理委員会(パネル)を設置した。日本の経済産業省は30日、WTOのパネル設置に遺憾を表明した。

経済産業省の当局者は、問題は対話を通じて解決されるべきだとし、韓国が二国間協議を台無しにしかねない形で行動したことは遺憾と述べた。

韓国通商資源省は、WTOの場で、日本の対韓輸出管理が「恣意的で差別的」であると証明し、日本に同措置を速やかに撤回するよう要請する予定だと表明。パネルの最終報告書が出るまで通常10─13カ月かかると説明した。

日本は2019年7月に半導体材料の韓国向け輸出管理を厳格化。これを受け、韓国はWTOに提訴したが、同年11月に手続きを中断させた。しかし今年6月に韓国は二国間協議が進展に乏しいとして、WTO手続きを再開する方針を表明した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^