大紀元時報

ロシアでワクチン臨床試験が終了、10月から接種開始

2020年08月03日 11時10分
8月1日、ロシアのムラシュコ保健相(写真)は、国立研究所で開発していた新型コロナウイルス感染症のワクチンの臨床試験が終了したとし、10月から接種を開始すると明らかにした。モスクワで4月3日撮影(2020年 ロイター/Maxim Shemetov)
8月1日、ロシアのムラシュコ保健相(写真)は、国立研究所で開発していた新型コロナウイルス感染症のワクチンの臨床試験が終了したとし、10月から接種を開始すると明らかにした。モスクワで4月3日撮影(2020年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 1日 ロイター] - ロシアのムラシュコ保健相は、国立研究所で開発していた新型コロナウイルス感染症のワクチンの臨床試験が終了したとし、10月から接種を開始すると明らかにした。インタファクス通信など複数通信社が1日に報じた。

ワクチン開発が行われたのは、モスクワにあるガマレヤ国立研究所で、現在登録のための手続きを行っている。まず医療関係者や教師に限定して接種を開始する計画という。

国内では1日に新型コロナで95人が死亡し、新たに5462人が感染した。死者は合計1万4058人、感染者は84万5443人となっている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^