大紀元時報

米大手企業CEO、マイノリティー雇用促進で団体結成

2020年08月11日 21時48分
8月11日、米大手企業の首脳がマイノリティーの雇用促進を目指す団体「ニューヨーク・ジョブズ・CEOカウンシル」を結成した。写真はJPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)。ニューヨークで昨年9月撮影(2020年 ロイター/SHANNON STAPLETON)
8月11日、米大手企業の首脳がマイノリティーの雇用促進を目指す団体「ニューヨーク・ジョブズ・CEOカウンシル」を結成した。写真はJPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)。ニューヨークで昨年9月撮影(2020年 ロイター/SHANNON STAPLETON)

[11日 ロイター] - 米大手企業の首脳がマイノリティーの雇用促進を目指す団体「ニューヨーク・ジョブズ・CEOカウンシル」を結成した。

同団体には大手銀行・IT企業など27社の首脳が参加。黒人、ヒスパニック、アジア系など低所得層のマイノリティーが多いニューヨークの地域社会で2030年までに10万人の雇用を目指す。

JPモルガン<JPM.N>のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)、IBM<IBM.N>のアービンド・クリシュナCEO、アクセンチュア<ACN.N>のジュリー・スウィートCEOが共同議長を務める。

アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、グーグル、マイクロソフト<MSFT.O>、ゴールドマン・サックス<GS.N>も参加する。

米国では白人警官による黒人暴行死事件をきっかけに人種差別に抗議するデモが拡大しており、大手企業も対応を迫られている。

ダイモン氏は10日、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙に寄稿し「今の経済危機を受け、経済・人種の分断が深まっており、機会に対する構造的な障壁が浮き彫りになっている」と指摘。ニューヨークでは能力の高い人材が大手企業に就職できないケースが少なくないとの見方を示した。

その上で「低所得のマイノリティー社会の若者が、この問題を特に感じている。われわれが積極的にこのギャップを埋めなければ、新型コロナウイルス感染症で事態がさらに悪化する」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^