大紀元時報

商船三井の運航船座礁事故、モーリシャス生態系への影響が深刻化

2020年08月12日 12時13分
8月12日、商船三井が運航する貨物船「わかしお」がインド洋モーリシャス沖で座礁した事故を巡り、燃料流出に伴う周辺への影響が深刻化している。写真は10日、モーリシャスで座礁した貨物船(2020年 ロイター/Dev Ramkhelawon/L'Express Maurice)
8月12日、商船三井が運航する貨物船「わかしお」がインド洋モーリシャス沖で座礁した事故を巡り、燃料流出に伴う周辺への影響が深刻化している。写真は10日、モーリシャスで座礁した貨物船(2020年 ロイター/Dev Ramkhelawon/L'Express Maurice)

[ナイロビ 11日 ロイター] - 商船三井<9104.T>が運航する貨物船「わかしお」がインド洋モーリシャス沖で座礁した事故を巡り、燃料流出に伴う周辺への影響が深刻化している。11日には海辺の清掃活動を進めているモーリシャスのボランティアが死んだウナギを確認した。粘着性の黒い液体にまみれたヒトデの死骸も確認されているほか、カニや海鳥も死んでいる。

わかしおは岡山県の長鋪(ながしき)汽船の関連会社が保有・管理し、商船三井が運航する大型ばら積み船。7月25日にモーリシャス南東沿岸のサンゴ礁で座礁し、先週になって燃料が流出し始め、周辺の生態系に深刻な影響を及ぼす恐れが懸念されている。流出量は1000トンとみられている。

清掃ボランティアのYvan Luckhunさんはロイターに対し「船の影響で、さらに何が起きるのか私たちには分からない。(船体の)亀裂がさらに拡大するかもしれない」と語った。

モーリシャスのジャグナット首相は10日遅く、わかしおには約2000トンの油が残っており、最終的に船体が崩壊するとみられると述べ、最悪に備える必要があると警告した。

非政府組織(NGO)「モーリシャス野生生物財団」の保護担当ディレクター、Vikash Tatayah氏は「市民からは政府が対応に時間をかけ過ぎたのではないかとの怒りや批判が出ている」と指摘。わかしおは燃料流出が始まるまで約2週間座礁したままだった。

モーリシャス政府当局者からは、今のところコメントを得られていない。

商船三井は発表文で「早期の事態解決に向けて取り組みます」と表明。社員6人を現地に派遣したことを明らかにしたほか、人員の追加派遣や物資の輸送についても引き続き検討するとした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^