大紀元時報

中国、対米協議でウィーチャットとTikTok取り上げへ=報道

2020年08月12日 18時03分
8月12日、ブルームバーグ・ニュースは、米国と中国の交渉担当者が第1段階の通商合意の実施状況について協議すると報じた。写真は米中の国旗。北京で2014年7月代表撮影(2020年 ロイター)
8月12日、ブルームバーグ・ニュースは、米国と中国の交渉担当者が第1段階の通商合意の実施状況について協議すると報じた。写真は米中の国旗。北京で2014年7月代表撮影(2020年 ロイター)

[12日 ロイター] - ブルームバーグ・ニュースは12日、米国と中国の交渉担当者が第1段階の通商合意の実施状況について協議すると報じた。

交渉は早ければ今週中にバーチャル形式で開催する見通し。具体的な日程は未定という。複数の関係者の話として報じた。

中国側は短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」やソーシャルメディアアプリ「微信(ウィーチャット)」の問題を持ち出す公算が大きいという。

農産物の購入やドル・人民元相場も議題になる見通しと報じている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^