大紀元時報

米国務省報道官、法輪功弾圧を非難「即時停止を」

2020年08月15日 11時26分
米国務省モーガン・オルタガス報道官(Alex Wong/Getty Images)
米国務省モーガン・オルタガス報道官(Alex Wong/Getty Images)

米国務省のモーガン・オルタガス報道官は、中国共産党による法輪功への弾圧を非難し、迫害を即時停止するよう求めた。

今週、アメリカ国務省のスポークスマンであるオルタガス氏は大紀元記者に宛てたメールで、中国に法輪功迫害の即時停止を求め、「私たちは中国政府に対し、すぐに法輪功学習者に対する卑劣な虐待を中止し、信仰を理由に監禁された市民を釈放して、失踪した(法輪功)学習者の居場所を明らかにするよう求めている」と述べた。

最近、中国では法輪功学習者の拉致事件が多発している。法輪功の情報を発信する明慧ネットは、山東省高密市の法輪功を迫害する専門組織「610弁公室」が7月22日未明、同市公安局と一緒に、採血を行うという理由で、46人の法輪功学習者を拉致したと伝えた。6月18日、河北省唐山市豊潤区公安局および管轄地域の各派出所は突然出動し、38人を不法逮捕した。68歳の法輪功学習者、韓玉芹さんは同日、迫害されて死亡した。

オルタガス氏は、「中国共産党は1999年以来、中国の伝統的な修煉法、法輪功の平和的な学習者と、信仰の権利のために抗議する人々を滅ぼそうとしてきた」と述べた。

1999年以前、中国公安部のある内部統計によると、法輪功学習者は7000万~1億人に達した。江沢民元共産党党首はこれを脅威と見なし、1999年7月20日に弾圧を命じた。この迫害は21年間続いている。

オルタガス氏は、「大量の証拠からわかるように、中国政府が、いまだにこの団体を弾圧し虐待し続けている。法輪功学習者が拷問されたとも報じられている」と述べた。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^