大紀元時報

ガスパイプラインが爆発、シリアで停電=石油相

2020年08月24日 16時03分
8月24日、シリアのアリ・ガーニム石油鉱物資源相は、同国内でガスパイプラインが爆発し、停電が起きていると発言、初期調査によると、パイプラインは攻撃を受けたとみられると述べた。写真はシリア国旗を描いたシャッター。シリアのダマスカスで3月撮影(2020年 ロイター/Yamam Al Shaar)
8月24日、シリアのアリ・ガーニム石油鉱物資源相は、同国内でガスパイプラインが爆発し、停電が起きていると発言、初期調査によると、パイプラインは攻撃を受けたとみられると述べた。写真はシリア国旗を描いたシャッター。シリアのダマスカスで3月撮影(2020年 ロイター/Yamam Al Shaar)

[カイロ 24日 ロイター] - シリアのアリ・ガーニム石油鉱物資源相は24日、同国内でガスパイプラインが爆発し、停電が起きていると発言、初期調査によると、パイプラインは攻撃を受けたとみられると述べた。

国営テレビ局イフバリヤが報じた。同テレビ局の映像によると、爆発したパイプラインは大規模な火災に見舞われている。

爆発は首都ダマスカスの北西にある町Ad DumayrとAdraの間で発生したという。

同相は「初期調査によると、テロ攻撃だ」と述べた。パイプラインは南部の発電所にガスを輸送していた。すでに技術者が現場で作業を進めているという。

国営シリア・アラブ通信(SANA)によると、その後、電力相は停電が段階的に復旧しつつあると述べた。

シリアでは、内戦で反体制派がガスパイプラインを攻撃。2013年には多くの地域で停電が起きている。

爆発したのは「アラブ・ガス・パイプライン」。エジプトからヨルダンとシリアにガスを輸送している。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^