大紀元時報

イスラエル、スーダンと正常化合意 米国が仲介

2020年10月24日 10時16分
イスラエルとスーダンは23日、米国の仲介により国交正常化で合意した。写真はイスラエルのネタニヤフ首相、スーダンのハムドク首相らと電話会談するトランプ大統領(2020年 ロイター/Carlos Barria)
イスラエルとスーダンは23日、米国の仲介により国交正常化で合意した。写真はイスラエルのネタニヤフ首相、スーダンのハムドク首相らと電話会談するトランプ大統領(2020年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 23日 ロイター] - イスラエルとスーダンは23日、米国の仲介により国交正常化で合意した。イスラエルとアラブ諸国の正常化合意は、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンに続き3カ国目となる。

トランプ米大統領は、イスラエルのネタニヤフ首相、スーダンのハムドク首相らと電話会談を実施。3カ国は共同声明で「スーダンとイスラエルの関係を正常化し、両国の交戦状態を終結することに合意した」とし、両国は農業分野を手始めに経済・貿易関係を開放していくと表明した。

米大統領選の投票日が11月3日に迫る中、トランプ大統領は自身の支持基盤であるキリスト教福音派に外交成果として訴える狙いがある。

これに対し、パレスチナのアッバス議長は、スーダンとイスラエルの正常化合意は受け入れられないと非難した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^