大紀元時報

米議会の調査機関、中国企業への投資に対する監視を強化へ

2020年12月02日 16時15分
12月1日、米連邦議会に設置されている米中経済・安全保障問題検討委員会(USCC)は、ヘッジファンドなどの中国企業向け投資に対する監視を一層強化する方針を示した。写真は米連邦議会議事堂。ワシントンで2016年11月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)
12月1日、米連邦議会に設置されている米中経済・安全保障問題検討委員会(USCC)は、ヘッジファンドなどの中国企業向け投資に対する監視を一層強化する方針を示した。写真は米連邦議会議事堂。ワシントンで2016年11月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米連邦議会に設置されている米中経済・安全保障問題検討委員会(USCC)は1日、ヘッジファンドなどの中国企業向け投資に対する監視を一層強化する方針を示した。投資家に及ぶリスクのほか、中国の軍事力強化に資金を供与することになる可能性を警告した。

同委員会は超党派の上下両院議員で構成された、米中間の経済・安全保障情勢のモニタリングを行う機関。

クリーブランドUSCC委員長は、ヘッジファンドや投資銀行が中国の市場開放の機会を捉えて積極的に投資を行うことで、国家や経済の安全保障に悪影響を及ぼす可能性があると指摘した。

バーソロミュー副委員長は、中国共産党がかつてないほどの脅威になっているとする年次報告書を発表。中国は「ますます攻撃的かつ敵対的になった」とした。クリーブランド委員長も、中国は「経済面でも国家安全保障面でも差し迫った脅威だ」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^