大紀元時報

米下院、銃規制2法案を可決 購入者の身元調査強化へ

2021年03月12日 17時51分
3月11日、米下院は11日、民主党が推進してきた銃規制に関する2つの法案を可決した。銃支持者らの集会、バージニア州で2020年11月撮影(2021年 ロイター/Hannah McKay)
3月11日、米下院は11日、民主党が推進してきた銃規制に関する2つの法案を可決した。銃支持者らの集会、バージニア州で2020年11月撮影(2021年 ロイター/Hannah McKay)

[ワシントン 11日 ロイター] - 米下院は11日、民主党が推進してきた銃規制に関する2つの法案を可決した。バイデン大統領は銃規制強化を支持しており、民主党は立法化を目指すが、上院での法案可決は見通せない。

下院がこの日可決した法案の1つは、銃購入者の身元調査の対象をネットや展示会での購入、個人間取引にも拡大するもの。227対203で可決された。共和党議員8人が支持した。

当局の銃購入希望者に対する身元調査期間を10日に延長する法案も219対210で可決された。共和党議員2人が支持した。現行法では、当局が3日以内に身元調査を完了できなかった場合、販売者が銃を売却するかどうかを判断できる。

共和党は、合衆国憲法修正第2条により保障される銃保有の権利が損なわれるとして法案に反対している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^