大紀元時報

ロシア警察、野党政治家など200人拘束 モスクワで集会中に

2021年03月15日 14時19分
3月13日、ロシア警察はモスクワの集会に参加していた野党の政治家数人を含む200人あまりの身柄を拘束した。内務省が発表した。写真は1月、ロンドンでロイターの取材に応じるミハイル・ホドルコフスキー氏(2021年 ロイター/ Henry Nicholls)
3月13日、ロシア警察はモスクワの集会に参加していた野党の政治家数人を含む200人あまりの身柄を拘束した。内務省が発表した。写真は1月、ロンドンでロイターの取材に応じるミハイル・ホドルコフスキー氏(2021年 ロイター/ Henry Nicholls)

[モスクワ 13日 ロイター] - ロシア警察は13日、モスクワの集会に参加していた野党の政治家数人を含む200人あまりの身柄を拘束した。内務省が発表した。

ロシアでは、昨夏の毒殺未遂から回復した反体制派指導者ナワリヌイ氏が今年1月の帰国直後に逮捕・収監された後、反政府派への取り締まりが強化されている。

集会を主催した「オープン・ロシア」のピボバロフ事務局長によると、13日と14日に開催予定だった集会にはロシア全土から地方自治体の代表が集まっていた。

現地メディアの映像には、集会の最中に警官らが建物内に入り、参加者を次々に拘束し、外にとめた車で連行する様子が映っている。

内務省のモスクワ支部は、200人ほどを拘束し、調査を進めていると明らかにした。

警察は、拘束の理由について、集会参加者の多くが新型コロナウイルス対策の防護具を付けていなかったとしたほか、参加者の中に国内で「望ましくない活動」を行う組織のメンバーがいたと説明した。だが、映像では大半の参加者がマスクを着けていた。

「オープン・ロシア」は、元石油王でプーチン政権を批判し亡命したミハイル・ホドルコフスキー氏が設立した英国拠点の財団。ロシア政府が2015年の法律で、望ましくない活動をする組織として禁止した30あまりの組織の一つ。

人権団体のOVD-Infoによると、今回拘束された人数は170人以上に上る。

野党政治家のイリヤ・ヤシン氏やジャーナリスト兼反政府活動家のウラジミール・カラ=ムルザ氏は拘束後にSNSにメッセージや写真を投稿。現地テレビ局によると、エカテリンブルク元市長やモスクワ市議会議員も拘束された。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^