大紀元時報

日米防衛相、中国海警法への懸念を共有=岸防衛相

2021年03月16日 15時49分
日米両政府は16日午後に東京で防衛相会談を開いた。写真は、岸防衛相(右
)とオースティン国防長官。2021年3月16日に撮影。(2021年 ロイター/Issei Kato/Pool)
日米両政府は16日午後に東京で防衛相会談を開いた。写真は、岸防衛相(右 )とオースティン国防長官。2021年3月16日に撮影。(2021年 ロイター/Issei Kato/Pool)

[東京 16日 ロイター] - 日米両政府は16日午後に東京で防衛相会談を開き、海警法の改正で海警局の艦船に武器使用を認めた中国の動きに対し、深刻な懸念を共有することで一致した。岸信夫防衛相が会談後、記者団に明らかにした。

両者は中国を中心に地域情勢を議論。台湾海峡の平和と安定が重要との認識でも一致した。日米同盟の抑止力を高めるため、宇宙やサイバー含むすべての領域で協力することも申し合わせた。

(山口貴也、久保信博)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^