大紀元時報

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で過去最高

2021年04月10日 20時28分
中国国家市場監督管理総局(SAMR)は10日、同国の電子商取引最大手アリババ・グループが独占禁止法に違反したとして罰金180億元(27億5000万ドル)を科したと発表した。北京で1月撮影。(2021年 ロイター/Thomas Peter)
中国国家市場監督管理総局(SAMR)は10日、同国の電子商取引最大手アリババ・グループが独占禁止法に違反したとして罰金180億元(27億5000万ドル)を科したと発表した。北京で1月撮影。(2021年 ロイター/Thomas Peter)

[上海 10日 ロイター] - 中国国家市場監督管理総局(SAMR)は10日、同国の電子商取引最大手アリババ・グループが独占禁止法に違反したとして罰金180億元(27億5000万ドル)を科したと発表した。

アリババを巡っては、創業者の馬雲(ジャック・マー氏)が昨年10月、国の規制制度を批判したことで、同グループは厳しい監視の対象になっている。

SAMRは昨年12月に開始した調査の結果、自社通販サイトの出店者が他のプラットフォームに出店することを禁止する「二者択一」の慣行により、アリババが2015年から市場における支配的地位を乱用してきたと結論付けた。

徹底した改革によりコンプライアンス(法令順守)を強化し、消費者の権利を保護するよう指示した。

アリババは声明で、決定を受け入れるとともに命令を断行すると表明。また、コンプライアンス向上にも努めるとした。

独禁法違反としては中国で過去最高となる今回の罰金額は、同社の2019年売上高の約4%に当たる。

BOCOMインターナショナルの調査責任者、Hong Hao氏は、「市場では何らかの制裁が予想されていた。メディア資産の売却など、独禁法の調査以外の措置にも注意を払う必要がある」と述べた。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^