大紀元時報

北朝鮮向けコロナワクチン配送、再延期に=韓国統一省

2021年6月1日 17時26分
韓国統一省は1日、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的枠組み「COVAX」を通じた北朝鮮向けのワクチン配送が再延期になったと明らかにした。写真は北朝鮮の平壌で2020年3月撮影、資料写真、KCNA提供(2021年 ロイター)
韓国統一省は1日、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的枠組み「COVAX」を通じた北朝鮮向けのワクチン配送が再延期になったと明らかにした。写真は北朝鮮の平壌で2020年3月撮影、資料写真、KCNA提供(2021年 ロイター)

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国統一省は1日、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的枠組み「COVAX」を通じた北朝鮮向けのワクチン配送が再延期になったと明らかにした。当初は5月下旬に予定されていた。

COVAXは、北朝鮮に英アストラゼネカのワクチン約200万回分を提供すると発表していた。

同省によると、北朝鮮は5月下旬に第1便を受け取る予定だったが、まだ協議が継続している。同省は「COVAXの支援を希望する国はさまざまな協議を行い、接種計画などの書類を提出する必要がある。北朝鮮との協議が長引いており、配送は当初予定より遅れる見通しだ」と述べた。

北朝鮮はこうした協議についてコメントしていない。新型コロナ感染も公式に確認していないが、韓国当局者によると、昨年初めに国境を封鎖する以前は中国との貿易や人的交流が行われており、感染者がいることは否定できない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^