大紀元時報

台湾、中国に政治改革を呼び掛け 天安門事件32周年控え

2021年6月4日 05時00分
台湾当局は3日、天安門事件32周年を翌日に控え声明を発表し、中国に対し、事件を直視して市民中心の政治改革を進めるよう求めた。写真は、昨年の天安門事件31周年で広場に集まった人々、台北、2020年6月撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)
台湾当局は3日、天安門事件32周年を翌日に控え声明を発表し、中国に対し、事件を直視して市民中心の政治改革を進めるよう求めた。写真は、昨年の天安門事件31周年で広場に集まった人々、台北、2020年6月撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)

[台北 3日 ロイター] - 台湾当局は3日、天安門事件32周年を翌日に控え声明を発表し、中国に対し、事件を直視して市民中心の政治改革を進めるよう求めた。

台湾当局は、中国政府が天安門事件について謝罪しておらず、過ちを反省していないと指摘。「遺憾の意を表明する。人民中心の政治改革を進め、人々の民主的な要求の抑圧を止め、できる限り早期に権力を人々に返すことを求める」と述べた。

声明は、中国共産党による支配を「一党独裁」と表現。国内や香港での抑圧は普遍的な価値観や国際的なルールから乖離していると指摘した。「それにより、自らの社会の根深い社会的な矛盾が深まり、制度改革が困難になるだけでなく、紛争のリスクが生じ、地域の安全保障と安定にも悪影響が出る」としている。

中国国務院の台湾事務弁公室のコメントは取れていない。

台湾は、天安門事件の記念日を利用して中国を批判することが多い。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^