大紀元時報

集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

2021年7月29日 15時05分
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(写真)は29日の参院内閣委員会で、感染症に対して集団免疫を得られるワクチンの接種率について、国民の70%程度では難しいとの見解を示した。6月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(写真)は29日の参院内閣委員会で、感染症に対して集団免疫を得られるワクチンの接種率について、国民の70%程度では難しいとの見解を示した。6月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 29日 ロイター] - 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は29日の参院内閣委員会で、感染症に対して集団免疫を得られるワクチンの接種率について、国民の70%程度では難しいとの見解を示した。

尾身会長は、現在流行しているデルタ株の感染力が強いこと、残りの30%の人々の間で感染の伝播が継続すること、海外の文献などでワクチンによる免疫効果が徐々に減少してきて再び感染することがあると分かってきたことなどを理由に上げた。

そのうえで「なかなか実際には70%くらいでは無理。何%かと言うのは難しいが、我々はもう少し接種率を上げていく努力をしていく必要がある」と語った。

矢田わか子(国民民主党・新緑風会)委員への答弁。

^